ホーム>学会のご案内

日本食生活学会の設立の趣旨・活動・入会案内

 日本食生活学会は実際の食生活に立脚し、食の問題を総合的にとらえる研究の発展を期待して、
1990年(平成2年)「食生活総合研究会」として発足しました。1994年会員の要望により「日本食生活学会」
に発展的に改組し現在に至っております。
 
 
 1996
年(平成8年)には日本学術会議の登録研究団体として承認されましたが、現在は日本学術会議に
関係した生活科学系コンソシアムの構成学会となっています。


  日本食生活学会は既存の学問研究分野にとらわれず、食に興味をもたれる多くの方々の参加をいただき、
ますますの発展が期待されております。

 また、日本食生活学会の活動は以下の様に行っています。

1. 研究大会:春・秋年2回研究大会を開催しております。大会は大会ごとに食に関係した
テーマをきめて、34名の専門家の方々による講演(主題講演)が行われています。
また、同時に他の学会と同じように、会員の皆様による食に関係した幅広い研究発表も
活発に行われています。

2. 研究集会:研究内容を深化するため、各大会のテーマに沿い大会と同じように34名の
専門家の方々の講演(発題講演)と出席者全員による討論を行う「研究集会」を、大会の
数ヶ月後に開催しております。

3. 日本食生活学会誌の発行:以上の主題講演・発題講演と会員による投稿論文などを
まとめた「日本食生活学会誌」を、年4回発行しております。


 このような本学会の趣旨や活動にご賛同いただける方は、是非、本学会に入会いただけますようご案内申し上げます。 
                           入会のご案内(および、「日本食生活学会入会申込書

ページトップにもどる