ホーム>過去の大会・研究集会のプログラム

 過去の大会・研究集会のプログラム

 平成21年度 第38回大会    第38回研究集会

 平成20年度 第36回大会    第36回研究集会     第37回大会    第37回研究集会
 
 平成19年度 第34回大会    第34回研究集会     第35回大会    第35回研究集会

 平成18年度 第32回大会    第32回研究集会     第33回大会    第33回研究集会

 平成17年度 第30回大会    第30回研究集会     第31回大会    第31回研究集会

 平成15年度 第28回大会    第28回研究集会     第29回大会    第29回研究集会



 平成21年度


 第38回大会
 平成21年5月16日
 郡山女子大学
 大会会長:角野猛,
 大会主題:安全・安心・健康な食生活の構築
 【特別講演】「亜鉛の多機能性 −味覚受容に必須な亜鉛酵素および摂食調節亜鉛シグナル− 」
         東北大学大学院教授 駒井 三千夫
 【特別講演@】「食品の安全性について」
          畑江 敬子(和洋女子大学教授・日本家政学会長・内閣府食品安全委員)
 【特別講演A】「食の安全における食品検査の役割」
          井部 明広(東京都健康安全研究センター・食品化学部部長)
 【特別講演B】「食品表示について」
          江田 誠一(農林水産省東北農政局食品安全部表示・規格課課長)


 第38回研究集会
 平成21年9月5日 
 東京聖栄大学
 研究集会長 筒井 知己
 研究主題『安全・安心・健康な食生活の構築』
 【特別講演】「日本流フードバンクの挑戦」
        セカンドハーベストジャパン 理事長 チャールズ・マクジルトン・E
 【発題講演@】「AIBフードセーフティ指導・監査の特徴と我国での実践例」
          (社)日本パン技術研究所 所長 井上 好文
 【発題講演A】「精米工程とお米のクレームについて」
          (株)神明精米 製造部総括マネージャー 松岡 延勝
 【発題講演B】「食品衛生の立場から見る”食の安全・安心」
          (社)東京都食品衛生協会 食品安全推進室長 廣瀬 俊之


 平成20年度


 第36回大会
 平成20年5月17日
 東京農業大学
 大会会長 田所 忠弘
 大会主題:小麦とパンと世界
 【特別講演】「人生の成功は歯で決まる −スウェーデン発最新歯科医療− 」
         スウェーデンデンタルセンター(医療法人 社団北欧会)理事長 弘岡 秀明
 【主題講演@】「小麦の世界事情と日本」
          小島 泰友(東京農業大学国際食料情報学部准教授)
 【主題講演A】「小麦・小麦加工品等の機能性とその活用」
          石川 祐子((独)農業・食品産業技術総合開発機構食品総合研究所)
 【主題講演B】「パンの製造法と製造技術について」
          井上 茂孝 (山崎製パン(株)中央研究所)
 【一般講演】
 ・ 食品添加物としての溶菌酵素リゾチームの新規利用法の構築  野嶽 勇一ほか
 ・ドコサヘキサエン酸摂取による組織過酸化脂質生成とbb生体異物輸送体の遺伝子発現  久保 和弘ほか
 ・ヒトにおけるデヒドロアスコルビン酸のビタミンC効果 日笠 志津ほか
 ・誘導結合プラズマ発光分光分析による豆乳中の微量元素  田中 智子ほか
 ・ミネラル含量より灰分の推測  藤原 しのぶほか
 ・レーズンから分離した天然酵母によるワイン製造  渡遽  悟ほか
 ・アレルギーおよび喘息に対する食生活におけるリスクおよび防御ファクターの探索  高岡 素子ほか
 ・福島県内在宅高齢者の食嗜好調査 その2 主食について  真鍋  久ほか
 ・さとうきび芯部の食物繊維が便通に与える影響   藤本 健四郎ほか
 ・小・中学校および高校生における食事形態のアンケート調査  武藤 政美ほか
 ・学童期の食生活に及ぼす家族構成と社会環境の影響   横田 和子ほか
 ・女子大生の肌の自己診断と健康状況及び食事摂取状況    野田 艶子
 ・女子大生のコンビニ弁当の利用状況と実態調査 −コンビニ弁当の内容調査からの意識づけ−  高澤 まき子ほか
 ・中年層による高齢者向け弁当の選択  新妻 弥生ほか
 ・コンビニ弁当の食品添加物調査(12年間)   堀口 恵子


 第36回研究集会
 女子栄養大学駒込キャンパス
 研究集会長 青柳康夫
 研究主題『小麦とパンと世界』
 【特別講演】「新しい運動基準とエクササイズガイド」
        (独)国立健康・栄養研究所 運動ガイドラインプロジェクトリーダー  宮地 元彦
 【発題講演@】「パンの歴史と現状」
          製粉協会理事・製粉研究所所長  竹谷 光司
 【発題講演A】「世界の食糧需給と小麦貿易」
          農水省 食糧貿易課長  梶尾 達也
 【発題講演B】「米粉パンの開発」
          (株)福盛パン研究所 福盛 幸一


 第37回大会
 平成20年11月22日
 椙山女学園大学
 大会会長 木村 友子
 大会主題『高齢化社会を支える食と疾病予防』
 【特別講演@】「食と動脈硬化」
          椙山女学園大学教授 内藤 通孝
 【特別講演A】「がん予防と食品−デザイナーフーズからファンクショナルフーズヘ−」 
          名古屋大学大学院教授 大澤 俊彦
 【主題講演@】「食事バランスガイド」のポピュレーション・アプローチ・ツールとしての更なる展開
          東海学園大学准教授 今井 具子
 【主題講演A】「管理栄養士の立場から特定保健指導の現状」
          中部労災病院栄養管理室室長 徳永 佐枝子
 【主題講演B】管理栄養士の視点からの運動と食生活 −現状と今後への教育−
          椙山女学園大学准教授 加賀谷 みえ子
 【一般講演】
 ・味噌入り日本型薬膳が保育所幼児の腸内細菌叢および便性改善に及ぼす影響 山村 のり子ほか
 ・ケフィア・ヨーグルト摂取における生理学的影響   佐藤 ゆき子ほか
 ・ラットにおけるクロロゲン酸,カフェ酸の尿中代謝  中島 久男ほか
 ・蓮を用いた茶のラジカル補捉能と蓮の茶葉の抗酸化成分の検討   磯部 観世ほか
 ・延辺みそと国産豆みその一般成分,無機質,遊離アミノ酸含量の比較   小川 亜希子ほか
 ・キヌア澱粉の2,3性質について 大迫 早苗ほか
 ・高感度スクリーニングを目指した抗生物質のバイオアセット   井口 洋輔ほか
 ・市販食肉における細菌の汚染状況とその薬剤感受性について  茅野  梓ほか
 ・ベトナムの食事調査 −2002年と2006年の調査の比較  道本 千依子ほか
 ・マレーシアの食生活調査    平戸 八千代ほか
 ・中日両国の小・中学生における食生活の現状と課題 −延吉市と岡崎市における実態調査−  金 銀姫ほか
 ・一週間食事調査にみる女子短大生の食事内容  鷲見 裕子
 ・保育所・幼稚園における食の思い出調査   古郡 曜子ほか
 ・地域の健康づくりにおける幼児期食育プログラムの開発−料理選択教育における幼児の行動調査−  書田 隆子ほか
 ・小学生における生活習慣に関する調査研究 −体型との関連性について−   水谷 公子ほか
 ・食育をサイエンスの視点から考える講座(3)−束京食育推進ネットワークにおける連携−   佐藤 典子ほか
 ・ ギリシアの生活とオリーブの関わり   四十九院 静子ほか
 ・ウェディングケーキの食文化 −イギリスの歴史を通して−   野田 雅子
 ・若年勤労者に対するメタボリックシンドローム予防のための栄養教育  太田 貴子ほか
 ・高齢者福祉施設における栄養サポート体制の充実に向けて    三宅 妙子
 ・女子学生における体格測定・骨強度測定による栄養状態の把捉   曽根 保子ほか
 ・育児担当者の食生活のQOLと幼稚園児及び育児担当者の食行動との関連   堀田 千津子ほか
 ・高齢者施設におけるユニット調理の有効性に関する一考察    新見 愛ほか
 ・若年女性の痩せ志向と減量経験が身体や食生活習慣に及ばす影響 古屋 かな恵ほか


 第37回研究集会
 平成21年2月28日 
 日本女子大学
 研究集会長 大越 ひろ
 研究主題『高齢化社会を支える食と疾病予防をうけて』
 【特別講演】「適正なたん自質摂取量をめぐって」
       (独)国立健康栄養研究所理事長 渡邊  昌
 【発題講演@】「高齢者の栄養ケア・マネジメントの現状と課題」
         神奈川県立保健福祉大学教授 杉山 みち子
 【発題講演A】「摂食機能が低下した高齢者の食事のテクスチャー面から見た特徴」
         山梨県立大学准教授 高橋 智子
 【発題講演B】「被災弱者の生活と食事(現状と課題)」
         ホリカフーズ(株)ライフケア部部長 別府  茂


ページトップにもどる


 平成19年度


 第34回大会 
 平成19年5月12日
 関東学院大学 関内メディアセンター
 大会会長 倉沢 新一
 大会主題 『食生活とメタボリックシンドローム』
 【特別講演@】 「農林水産省の食育の取組みについて」
          農林水産省消費・安全局消費者情報官輔佐 勝野 美江
 【特別講演A】 「横浜中華街の発展の歩み」
          桜美林大学 菅原 一孝
 【主題講演@】 「メタボリックシンドロームの現状」
          女子栄養大学 田中 明
 【主題講演A】 「メタボリックシンドロームと食生活」
          自治医科大学付属病院栄養部 宮本佳代子
 【一般講演】
 (1)桑の実の成分とその機能性について    渡遽  悟ほか
 (2)ヒトにおけるデヒドロアスコルビン酸のビタミンC効果   日笠 志津ほか
 (3)キノコの保存に対する家庭用冷凍冷蔵庫の利用 −冷凍したマツタケ,ナメコと水戻しした干しシイ
 タケを冷凍保存した場合の受容性の検討−    石黒 弥生ほか
 (4)きざみ食調整法の違いによるミネラル成分の損失についての研究 −マンガンの損失とビタミンCの損失−   川上 明子ほか
 (5)クロテッド・クリームの基礎的研究      菊池 和美ほか
 (6)ナレズシの諸成分と微生物 (1)鰰ずしについて    室  香鈴ほか
 (7)福島県都市近郊の小学生に対する食生活並びに生活調査について   横田 和子ほか
 (8)最近の乾燥食品に関する意識調査    江間三恵子ほか
 (9)コンビニエンスストア市販弁当・おにぎり類の利用実態について   折間 桂子ほか
 (10)大学・短大生とその母親の食品イメージと伝承(第1報)   山本 隆子ほか
 (11)千葉県郷土料理に関する研究  今泉 喜久ほか
 (12)食文化の民俗性(W)    四十九院仁子ほか


 第34回研究集会
 平成19年9月8日 
 昭和女子大学
 研究集会会長 飯野 久和
 【研究主題】『食生活とメタボリックシンドローム』
 【特別講演@】 「食  育」
          内閣府食育推進室参事官補佐 田中 弘之
 【特別講演A】 「裂けるチーズのテクスチャーとレオロジー」
          東京聖栄大学 井筒  雅
 【発題講演@】 「トランス酸に関する最近の話題−国際的な動向と国内の状況について−」
          (独)国立健康・栄養研究所 永田 純一
 【発題講演A】 「メタボリックシンドロームに陥らない食生活と日常生活術」
          東京女子医科大学 栗原  毅


 第35回大会
 平成19年11月17日
 秋田カレッジプラザ
 大会会長  長沼 誠子 (秋田大学教育文化学部教授)
 大会副会長 松本 祥子 (聖霊女子短期大学教授)
 【大会主題】『健康・長寿と食生活』
 【特別講演@】 「シロクマからヒトヘの警告 −北極圏におけるビタミソA貯蔵細胞の研究から」
          秋田大学医学部教授 妹尾 春樹
 【特別講演A】 「食を拒む,食に溺れる心 −摂食障害は摂食調節棟構の障害か−」
          福島県立医科大学教授 香山 雪彦
 【主題講演@】 「秋田県に於ける減塩を目指した食生活改善」
          秋田県由利地域振興局福祉環境部副主幹 粟盛寿美子
 【主題講演A】 「調理学習と意思決定能力」
          千葉大学教授 佐藤 文子
 【主題講演B】 「チャングム医学が明かす,舌から診る健康と長寿」
          全国療術師協会 稲垣  實
 【一般講演】(A:一般講演A会場 B:一般講演B会場)
 Al.改質乳清タンパク質の調理・加工におけるゲル特性とその利用   今城 直子ほか
 A2. 酵素法を用いたプロリン含有ペプチドの合成   太田  徹ほか
 A3. 市販「根菜類」の機能性アミノ酸   水野 時子ほか
 A4. ハタハタ脂質における抗酸化要因の検討  荒木 美帆ほか
 A5. 韓国の馴れずし(シッケ)の諸成分及び微生物について   室 香鈴ほか
 A6. 食酢で前処理した廃鶏の肉の組織構造の変化  佐藤 靖子ほか
 A7. 健康成人における黄色ブドウ球菌の保菌状況と性状   市瀬 尚子ほか
 A8. コンビニエンスストアの市販弁当・おにぎり類の一般成分値と食塩量について  津久井亜紀夫ほか
 A9. アザキ大根の機能性評価と加工食品の開発  川上 優子ほか
 A10. 藻塩を用いた米味噌の試醸   舘  博ほか
 A11. 色の変化を利用したチューインガムによる高齢者の咀嚼能力調査    尾崎 加奈ほか
 A12. 食生活と調理器具の関連 (その1) −家庭の包丁類に関する調査−     村田まり子ほか
 A13. 災害時に支給された食糧の現状と課題 −栄養面から補助食品を考える− 松浦紀美恵ほか
 Bl. 食育をサイエンスの視点から考える講座(2)    佐藤 典子ほか
 B2. 地域の健康づくりにおける幼児期食育プログラムの開発   吉田 隆子ほか
 B3. 中学校の朝食摂取に関する検討  高山 裕子ほか
 B4. 高齢者施設における給食の外部委託の有無と食事内容     魚住 恵ほか
 B5. 福島県内在宅高齢者の食嗜好調査 その1       真鍋  久ほか
 B6. 高齢者向け弁当調理者の思考   新妻 弥生ほか
 B7. 福島県都市中心部の小学生に対する食生活並びに生活調査について    横田 和子ほか
 B8. 一週間食事調査にみる女子学生の食事摂取状況      鷲見 裕子ほか
 B9. 食文化の民俗性(X) 小学生に見られる年中行事への意識    四十九院仁子ほか
 B10. 東北南部の米食文化に関する調査       斎藤 寛子ほか
 B11. 東北北部(岩手県と秋田県)の米食文化に関する調査      長沼 誠子ほか
 B12. 福島県の鮭食文化       平出美穂子ほか
 B13. 「アラビアンナイト」にみるアラブの食文化    今川香代子


 第35回研究集会
 平成20年2月16日
 東京聖栄大学
 研究集会会長 筒井 知巳
 【研究主題】『健康・長寿と食生活』
 【特別講演】「CAS(セルアライブシステム)による食品の凍結保存」
         株式会社アビー社長 大和田哲男
 【発題講演@】 「ビタミンライフ」
          東京聖栄大学教授 舛重 正一
 【発題講演A】 「グルコサミンの軟骨保護・抗炎症・血液サラサラ効果」
          順天堂大学医学部教授 長岡  功
 【発題講演B】 「健康維持と音楽療法」
          埼玉医科大学教授 和合 治久

ページトップにもどる


 平成18年度

 第32回大会開催
 平成18年5月13日 
 聖徳大学
 大会会長 田名部尚子
 大会主題 『現代の食品調理加工の進展』
 【特別講演】 「加熱調理の基本問題」
         聖徳大学教授 渋川 祥子
 【主題講演@】 「肉の食味」
          日本獣医畜産大学名誉教授 沖谷 明
 【主題講演A】 「野菜の食味と加熱」
          お茶の水女子大学助教授 香西みどり
 【一般講演】
 (1)きざみ食調製時におけるミネラル成分の変化U    川上 明子ほか
 (2)ミネラルウォーターが飯の性状と食味に及ぼす影響   水野 千恵ほか
 (3)手作り豆腐と市販豆腐のミネラル含量の違い   田中 智子ほか
 (4)銅酵母の生体利用性に関する実験    佐藤 七枝ほか
 (5)苦丁茶の茶葉および浸出液中のミネラル含量    翠川 美穂ほか
 (6)食肉製品 −ソフトソーセージ− の咀嚼性の評価   今井 悦子ほか
 (7)栽培条件の違いによるコマツナの成分と食味    日笠 志津ほか
 (8)禅宗修行僧の栄養摂取状況および健康状態(2)    東口みづかほか
 (9)貧血学生の指導法に関する研究 −食品摂取頻度からの検討−   市村さやか
 (10)大学生を対象とした食生活実態調査    菊地 和美ほか
 (11) 機能性食品,健康食品などの意識調査      江間三恵子
 (12) 農業従事者,食品開発者,流通業者,一般消費者からみた遺伝子組換え食品への認識の違い    北尾 悟ほか
 (13) 福岡県内の神社における神饌について −神社神饌と食文化との関わり−    細井 陽子ほか
 (14) 食文化の民族性 −ギリシアのΧΑΘΑΡΑ ΔΕΥΤΕΡΑを例として−    四十九院仁子ほか


 第32回研究集会 
 平成18年9月16日
 東京家政大学
 研究集会会長 木元 幸一
 研究主題『現代の食品調理加工の進展』
 【特別講演】「アクアガスの加熱機構と農産加工への応用」
         (独)食品総合研究所 五十部誠一郎
 【発題講演@】 「モデル系を用いた食材内部の熱移動の測定」
          東京家政大学教授 長尾 慶子
 【発題講演A】 「嚥下障害者のための食事」
          日本女子大学教授 大越 ひろ
 【発題講演B】 「においセンサー」 
          島津製作所 青山 佳弘


 第33回大会
 平成18年11月25日
 大阪樟蔭女子大学小阪キャンパス
 大会会長 北尾  悟
 大会主題 『食の機能性』
 【特別講演@】 「こころとからだを育む食」
          大阪市立大学大学院助教授 春木 敏
 【特別講演A】 「抗酸化作用を中心とした食の機能性」
          奈良女子大学名誉教授 的場 輝佳
 【主題講演@】 「醤油の機能性 −抗アレルギー作用−」
          ヒガシマル醤油褐、究所 古林万木夫
 【主題講演A】 「リン酸化オリゴ糖の研究開発 −オーラルケアへの応用−」
          江崎グリコ叶カ物化学研究所 釜阪 寛
 【一般講演】
 (1)アクアガス加熱食材の基礎的調理加工特性に関する研究 −野菜類の成分分析について−   根岸由紀子ほか
 (2)海洋深層水・容器入り飲用海洋深層水を用いた調理品の嗜好性   川上 明子ほか
 (3)食べやすさに及ぼすとろみ添加の影響 −物性の異なるきざみ食について−   佐久間智子ほか
 (4)乳酸菌生産物質PS-H1におけるガン細胞増殖抑制能の検討   野嶽 勇一ほか
 (5)SSRマーカーを利用したラッカセイ品種識別技術の開発    内藤 嘉磯ほか
 (6)蓮を用いた茶のポリフェノール含量とDPPHラジカル消去能について    渡邉 悟ほか
 (7)男子高校野球選手の栄養調査及び貧血選手に与えた鉄強化飲料の貧血回復効果   多田 恵理ほか
 (8)女子学生のやせ願望の現状と体型に対する自覚及びダイエット経験    荻野 智恵ほか
 (9)給食から提案する食後の口腔ケアのための茶抽出方法    片山 直美
 (10) 薬膳食材における潤腸通便作用のある食材の五味,五性      緒方 愛子ほか
 (11) 中国四川省におけるダッタンソバについて    都甲 研一ほか
 (12) 福島県の特産物のヤーコンの摂取状況について(第1報)    平出美穂子ほか
 (13) 循環型社会への竹炭の利用   栗田ちひろほか
 (14) 食育をサイエンスの視点から考える(第一報)−東京食育推進NWの連携による実施と課題−     佐藤 典子ほか
 (15) 調理による脳の活性化(第2報) −調理の生活介入による脳機能向上の実証実験−   山下満智子ほか
 (16) 在宅高齢者の健康意識と食生活について       豊山 恵子ほか
 (17) Body Mass Indexが異なる女子学生の食行動と不定愁訴状況    渡辺 雄二ほか
 (18) 地域コミュニティモデルづくりをめざした「食・農・環・心」教育への生ごみ利用    久野 陽子ほか
 (19) 食文化の民俗性(V)−中・高校生に見られる年中行事への意識−   四十九院静子ほか
 (20) 消費者雑誌「たしかな目」の調査分析 −食物の機能に関する内容を中心に−   萱島 知子ほか


 第33回研究集会
 平成19年2月17日 
 関東学院大学関内メディアセンター
 研究集会会長 倉沢 新一
 研究主題 『食の機能性』
 【特別講演@】「食 育」   
          和洋女子大学教授 古畑 公
 【特別講演A】「バイオマス・プラスチック −現状と普及に向けた課題−」
          (財)バイオインダストリー協会 大島 一史
 【発題講演@】「植物成分ニコチアナミンとその類縁体のアンジオテンシン-T変換酵素阻害磯能」
          女子栄養大学教授 青柳 康夫
 【発題講演A】「サプリメントとしてのスピルリナの機能研究」
          女子栄養大学教授 林  修
 【発題講演B】「苦丁茶の成分と機能性」
          筑波大学大学院講師 根岸 紀
 【発題講演C】「特定保健用食品の現状」
          聖徳大学教授 江指 隆年

ページトップにもどる


 平成17年



 第30回大会
 平成17年6月11日
 大妻女子大学千代田キャンパス
 大会会長 下村 道子
 実行委員長 松本 憲一
 大会主題 『発酵食品 −我が国の伝統的調味料の今後の展望−』
 【特別講演】「食物センイ・ルミナコイドの頃からレジスタントプロティンへ」
        北海道大学名誉教授 桐山 修八
 【主題講演@】「味噌は作らない」
         (合)野田味噌商店 野田 清衛
 【主題講演A】「万能調味料「醤油」」
         (財)日本醤油技術センター 田中 秀夫
 【一般講演】
 (1)シソとナスアントシアニン色素の安定性に及ばすアルコール発酵の影響    津久井亜紀夫ほか
 (2)レーズンから分離した天然酵母のパン酵母としての特性   渡辺 悟ほか
 (3)大徳寺納豆の熟成に伴うラジカル消去活性の変化について    長渡 麻未ほか
 (4)若年女子におけるサッカリンナトリウムの推定摂取量     東泉 裕子ほか
 (5)中国雲南省の彝族とダッタンソバ    内田 裕美ほか
 (6)禅宗修行僧の栄養摂取状況   東口みづかほか
 (7)近世における八丈島の食文化発展に影響を及ぼした食材・食品の移入についての一考察   豊山 恵子ほか
 (8)若年男性の同世代女性のダイエットに対する意識に関する研究   梶原 公子
 (9)体育系部活動に所属する大学生に対する栄養教育    菊地 和美
 (10) 小中学校における食教育推進に関する教職員の意識 −秋田県の調査を通して−  高山 裕子ほか
 (11) 園児・小学生・中学生・高校生における野菜に関する調査研究(1)−野菜の摂取状況について   原  知子ほか 
 (12) 園児・小学生・中学生・高校生における野菜に関する調査研究(2)−各種野菜の認知度および意識について   原  知子ほか
 (13) 食育と健康(第1報)−保育園・幼稚園における取組みの実態と課題−   田崎 裕美ほか


 第30回研究集会
 平成17年9月3日 
 聖徳大学
 研究主題『発酵食品』
 【特別講演】「バイオプリザベーション:その意義と乳酸菌の利用」
        アリアケジャパン葛Z術顧問 森地 敏樹
 【発題講演@】「新たな魚醤製造法の開発」
          (財)東京顕微鏡院 食と環境の科学センター  森 哲也
 【発題講演A】「腸内細菌プロファイル −見えてきた腸内細菌叢の全貌」
          理化学研究所・バイオリソースセンター 室長 辨野 義己
 【発題講演B】「発行食品の比較文化」
          バイオリンクインターナショナル梶@取締役 浜野 光年


第31回大会
平成17年11月26日
函館国際ホテル
大会会長  畑井 朝子
【大会主題】『北海道の食と地産・地消』
【特別講演】「北海道の食材と食文化」
        函館短期大学教授/北海道教育大学名誉教授  畑井 朝子
【主題講演@】「檜山支庁における農産物の利用と加工」
         檜山支庁農務課長 江口 祐子
【主題講演A】「道内における水産資源の高度利用」
         北海道大学大学院水産学部教授  佐伯 宏樹
【主題講演B】「学校における食教育と地産・地消」
         北海道教育大学函館校助教授 佐々木貴子
【一般講演】
(1)冷凍した数種のキノコ頬の嗜好性  石黒 弥生ほか
(2)きのこの冷凍による組織損傷を与えた際の5'-ヌクレオチド・遊離アミノ酸の挙動と官能検査  羽田奈緒子ほか
(3)アクアガス加熱食材の基礎的調理加工特性に関する研究 1.さやいんげんについて   長田 早苗ほか
(4)アクアガス加熱食材の基礎的調理加工特性に関する研究 2.野菜頬の成分分析について  根岸由紀子ほか
(5)調理による脳の活性化(第一報)近赤外線装置による調理中の脳活性化計測実験   山下満智子ほか
(6)ダッタンソバの加工と普及活動 古村 恭子ほか
(7)ブラックバスの食材料としての可能性に関する研究(その1)−認識の現状と問題点−  梅宮れいかほか
(8)ブラックバスの食材料としての可能性に関する研究(その2)−普及に効果的な調理法の展開−  宮下 朋子ほか
(9)高校生スポーツ選手の種目別にみた消費エネルギーと摂取エネルギーに関する研究   平出美穂子ほか
(10) 禅宗僧堂における修行僧の栄養摂取状況と健康状態−動物性食品摂取の有無の違いによる比較−  東口みづかほか
(11) 創設科目「食生活とコミュニケーション」 −食は心も育てる−  道本千衣子ほか
(12) 中学生の食生活指導方法に関する検討 −食生活質問票を活用した個別指導の実施から−    高山 裕子
(13) 中食に関する研究    渡邉 隆子ほか
(14) 食文化の民俗性 −ギリシアのΠΑΣΧΑ(復活祭)を例として   四十九院仁子ほか
(15) 播州地域におけるうすくち醤油の使い方の特徴   橘 ゆかりほか


第31回研究集会
平成18年2月18日
関東学院大学 関内メディアセンター
研究集会会長  倉沢 新一
研究主題『江戸・東京の食文化』
【特別講演】「ノロウイルス」
       女子栄養大学教授 高橋 信二
【発題講演@】「アジアの中の江戸文化−食文化を中心に−」
        国士舘大学教授 原田 信男
【発題講演A】「江戸の社会と飲食店」
        服部栄養専門学校講師 飯野 亮一
【発題講演B】「料理レベルでみる日本の食事 −1974年,1984年,1994年,2004年の調査から」
        女子栄養大学教授 松本 仲子

ページトップにもどる



平成16年度


第28回大会
平成16年5月29日
女子栄養大学駒込キャンパス
大会主題 『いも』
【特別講演】「ニュートリゲノミクス」
       東京農業大学  教授 荒井 綜一
【主題講演@】「需要変化と多様な用途に応じたバレイショ新品種」
         北海道農業研究センター 森  元幸
【主題講演A】「サツマイモ新品種の開発状況」
         作物研究所 中谷  誠
 一般講演
1.栽培条件の違いによるレタス・コマツナ・ホウレンソウの成分   日笠 志津ほか
2.茹でた野菜の消臭活性および抗酸化活性    根岸 紀ほか
3.フキ中のフキノール酸の分離とその抗酸化性について    渡辺 悟ほか
4.やせの若年女性における自律機能 −尿中カテコールアミン及びその代謝産物からの検討−   辻  玲子ほか
5.ペットボトル内に混入した口腔内常在菌の消長    小林麻里子ほか
6.自家蛍光測定によるコメ新鮮度判定法の試み    立塚  梓ほか
7.カート式給食システムの安全性の確認   黒葛原広子ほか
8.大学生における食生活・生活状況と自覚症状との関連性について   黒木 敏子ほか
9.禅宗僧堂における食事の栄養評価  東口みづかほか
10.性同一性傷害と食生活(その4)−リアルライフ経験と食生活の相互関係−    梅官 新偉
11.ブラックバスの「Catch and Eat」に関する一考察    宮下 朋子
12.福岡県児童における魚介類摂取の意識・嗜好の地域差   福本あづさほか


第28回研究集会
平成16年9月18日
東京家政学院短期大学
研究主題『いも』
【特別講演】「水とCO2から見た食と環境」
        東京大学大学院農学生命科学研究所助教授  宮脇 長人
【発題講演@】「世界のいも類」
         日本いも類研究会前会長 梅村 芳樹
【発題講演A】「こんにゃく」
         滑ヨ越物産常務取締役経営企画部長 後藤 真彦
【発題講演B】「サツマイモのアントシアニン色素を中心として」
         東京家政学院短期大学教授 津久井亜紀夫



第29回大会
平成16年12月4日
中村学園大学
大会主題『薬膳』
【特別講演】「Brain Foodsとして有用な日本食」
        中村学園大学栄養科学部長 坂田 利家
【主題講演@】「太宰府・博多の食文化」
         太宰府天満宮文化研究所主管学芸員 味酒 安則
【主題講演A】「中国医学と薬膳」
         中村学園大学栄養科学部教授 三成 由美
【主題講演B】「薬膳の健康増進」
         産業医科大学産業生態科学研究所講師 徳井 教孝
 一般講演
 1.エネルギー摂取量を一定にしたときの,やせと普通体型での尿中カテコールアミン排出の比較   太田  徹ほか
 2.醗酵食品として鮭で作った魚醤油の抗酸化能   河原 豪ほか
 3.クロロゲン酸の生理機能とその緑変現象について   渡辺 悟ほか
 4.紀州梅干の抗酸化能としてのラジカル捕捉活性能  成田 亜矢ほか
 5.グループ方式給食システムにおけるカート内再加熱調理の官能検査   黒葛原広子
 6.きざみ食の調理におけるミネラル成分の変化  川上 明子ほか
 7.我が国の市場に見られる容器入り飲用水の性状について   原 千晶ほか
 8.日本型薬膳による児童の排便習慣形成プログラムの開発とその評価  三成 由美ほか
 9.乾燥おからと黒ゴマ添加のパンが若年女性の排便状態に及ばす影響  原田 圭子ほか
 10.「アクアガス」食材の基礎的加工特性の解明 @官能評価および物性試験から  殿塚婦美子ほか
 11.「アクアガス」食材の基礎的加工特性の解明 A食品成分分析から  根岸由紀子ほか
 12.イランの食と文化    内田 裕美ほか
 13.学生寮における食教育実践としての地域食材の導入    四十九院静子ほか
 14.福井・愛知・岐阜・島根・山口県の茶粥習俗   猪口 智子ほか
 15.八丈島の調味料についての食文化的一考察   豊山 恵子ほか
 16.古代日本の食生活に関する考察 −正倉院文書にみる奈良時代の食品−  細井 陽子ほか
 17.日本の食文化に観る食意識 −平安時代の食文化を中心に−   松隈 美紀



第29回研究集会
平成17年2月19日 
女子栄養大学駒込キャンパス
 研究主題『食と健康』
【特別講演】「在宅高齢者の食と健康に関する長期縦断的研究」
        国学院大学栃木短期大学 湯川 晴美
【発題講演@】「日本型食生活を構成する水産食品の健康への役割」
         中央水産研究所 村田 昌一
【発題講演A】「禅宗僧堂の精進料理 −智慧を食す−」
         円覚寺佛日庵閑栖住職 高畠 瑞峰
【発題講演B】「菜食と健康」
         東京衛生病院 岩井 達